農作業その三

近年、田圃を見回せば、麦を栽培する農家が、米を作る農家に、勝る勢いとなっている。それは今年の様に雨が少ない年なれば、出来も良いし、売り上げも上昇傾向にある。処が戦後に食糧不足を経験した我々の年代は、私も含めて米作りに過度に執着した為に、コメ余りの現象を引き起こしたのである。従って人口減少の時代には「多品種小食」が未来の食事情になるのでは、無かろうかと思う。