KTTその十七

人生とは異なもので、子供時代に、数えきれない程の病気に見舞われ、死の淵を彷徨い歩いた私が、70を超えて生きている今、自分でも不思議で堪らない。尤も若かりし頃とは、異次元の人生と言って良く「欲得」等と言うものは当に消え失せ、なされるがままの毎日を、刻んでいると云えば良いだろう。そして高齢化社会の今、老人が成すべきことは、若者に「次世代を切り開くパッション」を持てるよう、助けることである。