冬その三

冬の時期の仕事は無いようにも思えるが、決してそんな事はない。何故なれば、夏の暑い時期に重労働をする人は殆ど居ないし、冬も様々な雑用はある。私のポリシイは「夏は軽作業、冬は重労働」である。田圃に当てはめれば、田植の準備だと考えれば良いのである。今年は借地田の土砂崩れで、収量も半分しかなかったので、自宅裏の耕作放棄田を整備して、米を作りたいと考えている。尤もトラクタは使えない湿地なれども、ぼちぼち手作業でやれば、それなりの収穫は得られると思う。