秋その七

年間で最も過ごし易い秋のシーズンが訪れた。お陰で私は大忙し!何とか体力も回復して、米の収穫を漸く終えた今この頃である。然し手は二本しかないので、私が大好きなラッキョウが犠牲となり、雑草の中に埋没している。雨前にと今日こそは頑張って、漸く一時間ほどかけて、半分ほどを取り終えた。それにしてもラッキョウの香りは、他の食材とは似ても似つかない、一種独特の食感と云うしかない。それもその筈、成長するには、丸一年を要するのである。