働き方その一

目下国会では「働き方改革関連法案」が上程、審議されている。この法案は要するに、時間対応から、成果対応の給与体系に、移行したいとの会社側の思惑が、衣の下から垣間見える。然し乍ら「成果対応」とは、物差しが有る訳ではないので、言うは易く、判断基準がはっきりしない。要するに短時間で効率よく仕事をして、残業や休日出勤を、自主的に削減せよとの、会社側の意向なのであった。